n-アセチルグルコサミンは吸収率が違う│関節の悩みにアプローチ

快適な日々のために

ウーマン

ホルモンバランスの変化

特に女性には人生のいくつかにおいて大きな変化が起こります。成人して結婚、出産を経て多くの人は50歳前後で閉経を迎えます。この時に大きく身体のホルモンバランスが変化すると言われています。女性ホルモンの低下やその他様々なホルモンバランスの不安定さによって、身体にもいろいろな症状を引き起こします。それを更年期障害と呼んでいます。更年期障害は男性にも見られますが、身体の症状がより顕著に出るのが女性だと言われています。昔は今ほど更年期障害についての研究もなされておらず、様々な身体の不調に悩まされながら、更年期障害と呼ばれるおよそ10年前後にわたる期間を過ごしている人がたくさんいました。しかし、最近ではいろいろな研究がなされ薬によって症状抑えたり軽くしたりすることが可能な部分も多く、積極的に受診をし、症状に合わせた薬の服用をする人が増えています。

自分に合ったやり方

具体的な更年期障害の症状としては、のぼせや発汗、高血圧などの血圧のアンバランス、精神的な面で言えば、無気力や涙もろさなどの感情の不安定さがあったり、不眠などに悩まされることもあります。こういった症状は、一般的に更年期と呼ばれる50歳前後からのおよそ14年間を過ぎれば自然に消失していくことが多いですが、その間の日常生活に差し支えるほどの症状が出た場合には専門家を受診して、薬の服用をすることが大切です。大きな規模の病院などでは、更年期障害に特化した外来を設けていることもあります。内科的な症状や精神的な面でも薬を処方し経過を観察することもありますが、ときにはカウンセリングなどの心理面に大きく働きかけるケアがなされることもあります。このように更年期障害専門の診療科では、いろいろな方法から一つ一つの症状にアプローチすることができます。自身の症状に合わせて医療機関や診療日を選ぶことが大切です。